2013年のCGI年次総会の後のインタビューで、アメリカ元大統領のビル・クリントン氏は日本における、男性と同じ割合での女性の社会進出の必要性、そして男女間の賃金を平等にすることによりもたらされる日本経済への恩恵について話しました。

2005年にアメリカ元大統領のビル・クリントン氏により設立されたクリントン・グローバル・イニシアチブ(CGI)は世界の最も緊迫している課題に対し、革新的な解決策を創造し、実行するために、世界的指導者を招集し会議を開きます。CGIの年次総会では、主に、社会に前向きな変化を起こすために最大限の努力をすることを目的として、100人を超える国家元首、多数のノーベル賞受賞者、何百人ものトップCEO、基金やNGOのトップ、有名な慈善家、そしてメディア関係者が集まりました。